ブログ
2018年10月3日
INNOVATION TOKYO 2018 - AR PLAY GROUND WITH NIANTIC

Niantic

Nianticには「Adventures on Foot」という、「皆さんが外に出て、なにかまたは誰かに出会い、新しい発見や体験をする機会を提供する」ミッションがあります。私たちが提供しているゲーム『Ingress』や『Pokémon GO』には、こんな思いが込められています。

Nianticのゲームは「位置情報」と「AR」という2つの技術の上に成り立っています。この技術の組み合わせにより、皆さんが今いらっしゃる現実の世界にARによるデジタルの世界を重ね、その場所をこれまでにはなかったおもしろい体験の場に変えることができます。

このたび、10月12日(金)から10月21日(日)までの10日間、六本木ヒルズで開催される「INNOVATION TOKYO 2018 - AR PLAY GROUND WITH NIANTIC」にて、Nianticの考える「位置情報」と「AR」による新しい世界を皆さんに体験いただける場を持てることになりました。

森ビル株式会社が主催するINNOVATION TOKYOは、これからの日本をけん引する若い世代の企業、イノベーターが若いフォロアーと示唆に富むヒントをシェアし、東京から新しいイノベーションを発信していくクロスポイントを目指し2015年に初開催されました。以来、新しいテクノロジーを身近に楽しめる機会の提供を続けられています。今回は、ここでしか体験できない新たな街の楽しみ方の提案として開催されます。

株式会社ライゾマティクス、株式会社ポケモン、東京大学廣瀬・谷川・鳴海研究室、株式会社ティーアンドエス、ソフトバンク株式会社、ambie株式会社、レノボ・ジャパン株式会社など、さまざまな方々のご協力のもと、どれも今回初めてご紹介する体験をご用意しました。

「Pokémon GO AR庭園」
制作・協力:株式会社ライゾマティクス、 株式会社ポケモン、ambie株式会社、ソフトバンク株式会社、Niantic, Inc.

『Pokémon GO』でポケモン研究をしているウィロー博士から、皆さんに調査のお願いが届きました。イヤホンから聞こえてくるポケモンたちの鳴き声や音をたよりに、毛利庭園内にかくれているポケモンの鳴き声を集めてください。

開放型でAR体験に適したイヤホン「ambie」を用い、毛利庭園の自然の音とポケモンの気配の両方に耳を澄ませながら聴覚で楽しむAR。あなたは時間内にどんなポケモンの鳴き声を集められるでしょうか。茂みの中、池の傍…、場所や時間によって庭園内にいるポケモンは変わるようです。

鳴き声を集めたポケモンとは、普段入れない毛利庭園の芝生エリアに特別に入って、一緒に遊ぶことができます。芝生の上で生き生きと動き回るリアルなポケモンたち。NianticのARプラットフォーム「ARDK」で作られた、最新の体験をひと足早くお楽しみください。

ARは視覚だけではなく、聴覚や触覚など、様々な感覚を通しても実現されます。「周囲の音に耳を澄ます」という体験を忘れがちな現代。都会の中にありながら、毛利庭園には実は様々な音が溢れています。ポケモンの鳴き声や気配を探して耳をすませているうちに、毛利庭園、そしてひいては街の魅力を再発見するきっかけになっていきます。

「Pokémon GO AR庭園」 毛利庭園ジムに登ってみよう
協力:長尾涼平+東京大学廣瀬・谷川・鳴海研究室 (無限階段 / Infinite Stairs) レノボ・ジャパン株式会社

毛利庭園には『Pokémon GO』のジムがあることのを知っていますか? それはあなたがいる、まさにここに、ARで実在しています。目にはまだ見えないけれど、ここに建っているこのジムに実際に登って、毛利庭園を見下ろしてみたらどうなるでしょう?

「Adventures on Foot」。自分の足で歩いて冒険してほしい、というNianticの思いを届けるためにも、このジムにエレベーターはありません。自分の足で、たくさんの階段を登ってもらわなければなりません。

その見えない階段を創り出してくれたのは、東京大学廣瀬・谷川・鳴海研究室の皆さんです。 空間知覚を操作し、現実では平面を歩行しているにもかかわらず、仮想空間では階段を使って自由に上下に歩き回れるようにした作品「無限階段」を応用し、『Pokémon GO』のジムに自分の足で登れるようになったのです。

ぜひ、がんばってジムのてっぺんまで登ってみてください。登る途中、どんなポケモンたちに出会えるでしょうか? 上まで着いたら、「Pokémon GO AR庭園」を見下ろしてみてください。なにが見えるでしょうか? 降りてくるときは足を踏み外さないよう、気をつけてくださいね…!

AR Roppongi x Ingress
制作・協力:ソフトバンク株式会社 株式会社ティーアンドエス、Niantic, Inc.

1000分の1のスケールで精巧に再現された森ビル株式会社制作の東京の都市模型に近々大きなアップデートが予定されているリアル・ワールド・ゲーム『Ingress』の世界観をプロジェクションマッピングとARグラスで「Ingress」の世界感を表現します。東京の模型の一部、六本木を切り取り、『Ingress』のポータルが日々どのように変化したかのタイムラプスを通して、AR世界の六本木の姿をリアルに映し出します。『Ingress』のエージェントたちだけが見ている、現実の六本木を舞台に繰り広げられる青の「レジスタンス」と緑の「エンライテンド」の激しい戦いや、エージェントたちによって街の中に作り出された数々の「現代の地上絵」など、変化を続ける六本木の街に何がおこっているのか。自分の見たい日時の様子を指定して見ることもできます。

また、Microsoft Hololensを通して見ると、都市模型の上にコントロールフィールドやリンクが立体的なホログラムで浮かび上がります。近々公開される最新作「Ingress Prime」の世界観へ精巧な都市模型とともに没入してください。

『Ingress』は、文化的なランドマークや、歴史的な場所、ユニークな建築物といった実在の場を取り込んで、現実世界を多人数の同時参加型ゲームへと変える、モバイルアプリです。Googleの社内スタートアップとして始まった Niantic が、2013年に正式ローンチし、世界200カ国で2000万以上ダウンロードされ、日本でも、第18回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞受賞(Wii Sports以来ゲームとしては7年ぶり)、2015年日本ゲーム大賞ゲームデザイナーズ大賞など、高く評価されました。

街中のあらゆるところにあらわれる「ポータル」と呼ばれる別次元への入り口。そこから漏れ出る「エキゾチック・マター(XM)」と呼ばれる謎のエネルギーを巡り、「レジスタンス」と「エンライテンド」の2つの陣営に別れ、仲間と協力して、地図上に陣地を形成し、そのフィールドに囲まれた人口(マインド・ユニット)を競い合います。『Ingress』は、ゲームを通して現実の世界を探検するうちに、世界中の他のプレイヤーと交流したり、世界中の文化的な価値が宿る場所にたどり着いたりすることを目指しています。

近々、初のメジャーアップデートとなる最新作『Ingress Prime』が公開されます。また、10月17日からはフジテレビ系列でアニメ版「イングレス」も放映、Netflixでも公開されます。

Codename: Neon 制作:Niantic, Inc.
Niantic は『Pokémon GO』や『Ingress』で培った技術やデータを活用して、より多くの人がARと位置情報を活用したアプリが作れるARプラットフォームを開発しています。中でも力を入れているのは、多人数が同時に遊べる技術「リアルタイムARテクノロジー」です。

Codename: Neonは、それをテストするために作られた未公開のゲームです。プレイヤーは地面に落ちている光を集め、それを相手にぶつけます。もっとも得点の高いプレイヤーには、王冠が表示されます。

クラウド上に自分の位置情報をアップロードするARクラウド技術を使った場合、数100ミリ秒以上かかる位置共有を、端末同士を直接ピアツーピアで通信させることで10ミリ秒以下に抑え、プレイヤーが「いた」場所ではなく、「いる」場所を把握することを実現しています。そのため、かがんで光をかわしたり、リアルタイムに反応することが可能になっています。

このデモは今回、この「Innovation Tokyo」で日本初公開されることになりました。ぜひ「リアルタイムARテクノロジー」を体験し、未来のARの遊び場の可能性を体感してください。

DIVE to INGRESS 音声ARエージェントゲーム
注)10月13日(土)のTVアニメ『イングレス』先行上映会に参加された方のみが対象です。

制作・協力:株式会社バスキュール、ambie株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社電通ライブ、株式会社Niantic, Inc.

10月17日(水)24:55から放送開始となるTVアニメ『イングレス』の第1話~第4話の先行上映および、舞台挨拶終了後に、ゲームのオリエンテーションを行います。オリエンテーション後、ゲームスタートとなります。

六本木ヒルズの敷地内で繰り広げられる、『イングレス』の世界を体感できる、音声ARゲームとなります。参加者は、エージェントとなり、開放型でAR体験に適したイヤホン「ambie」から起こられる臨場感あふれる司令をもとに、六本木ヒルズの敷地内に現れた「ダークXM(エキゾチック・マター)」を見つけ出し、無効化することで、世界の危機を救います。

上映会ついてはTVアニメ『イングレス』の公式サイト をご参照ください。


—The Niantic team

2018年9月12日
地域のプレイ環境を豊かに

この8年間で、Nianticが提供している『Ingress』などのサービスを利用しているプレイヤーのコミュニティは、地球の隅々まで広がり、プレイヤーの皆さんが暮らす地域にも根付きました。ほんの少し回り道をして、普段の見慣れた風景の中に隠された美しい芸術作品や史跡の銘板、そして目を見張るようなランドマークを発見しながら、『Pokémon GO』でポケストップやジムを、あるいは『Ingress』で現れるポータルを見る、という体験はこの上なく素晴らしいものです。

このように、皆さんの家の近所や街中での探索と、発見の瞬間を育むことが、私たちが行っている活動の根幹です。

私たちが把握している現実世界のさまざまな場所の情報量について誇りを持っていますが、地図サービスだけに頼っていては、有意義で興味深いロケーションを発見、収集し、管理していくことは不可能です。Nianticの理想とほどは、ゲーム内の場所情報が存在しない国や地域もあることでしょう。こうした理由から、私たちのゲーム内における場所情報の多くは、プレイヤーの皆さんによって収集や分類が行われます。

今回は、『Pokémon GO』における韓国とブラジルでのポケストップ申請のベータテストを行い、将来的にこのプログラムをさらに発展させていく予定です。トレーナーの皆さんが、『Pokémon GO』や他のNianticの製品に登場する可能性のある場所の情報を、『Pokémon GO』のアプリ内から直接申請することができるようになる初の取組です。この新しい機能は、始めはベータテスト地域の、お子さまのアカウントを除いたレベル40トレーナーだけが利用できるものとなりますが、時間とともに拡大したいと考えています。『Pokémon GO』での場所情報の申請の審査は、Ingressで様々な場所の情報を承認しているプレイヤーコミュニティが手伝ってくれます。世界中のファンが自分の地域に興味深い場所の情報を増やしたいことを知っています。ポケストップ申請のベータテストを続け、可能であれば他の地域へも広げていくつもりです。

皆さんのお住まいの地域は、ひとつのゲームボードです。そして、その地域を特別なものとしているものが何なのかは、皆さんが一番よくご存じだと思います! もうすぐ皆さんに新しくてエキサイティングなゲーム内スポットをお届けできることを楽しみにしています。


—jh

2018年6月28日
Nianticのリアルワールド・プラットフォームをご紹介します

Niantic を立ち上げたとき、「発見」「運動」「実社会でのつながり」の 3 つを価値観の中心に据え、会社のミッションを作りました。でも、そのときには拡張現実 (AR) が皆さんや皆さんがお住まいのコミュニティに、このように良い影響をもたらすものになるとは、考えてもいませんでした。私たちのテクノロジーへの情熱とゲームづくりにかける強い思いを組み合わせて、年齢を問わず多くの皆さんに、これまでになかった新しいおもしろさをお届けできのはとても幸せなことです。

今日は、少しだけですが、私たちが開発している「Niantic リアルワールドプラットフォーム」をご紹介します。こうしたお話をするのは今回が初めてですが、こちらをご覧いただくと、Nianticがどのくらい本気でARに取り組んでいるのか、どんな地平を切り開いてきたのか、おわかりいただけると思います。

昨年一年を通じて、私たちは AR マップとコンピュータビジョンの分野に戦略的な投資を行ってきました。Niantic のめざす「地球規模のAR」の実現にむけ、Escher Reality を合併したこと以前ご案内しました。本日は、コンピュータビジョンと機械学習を専門にする企業 Matrix Mill も Niantic に参加し、これによってロンドンにも初めて拠点を設けたことをご報告します。この 2 つのチームとの協力を通じて、現在の「Niantic リアルワールドプラットフォーム」ができあがり、将来、どのようなことが実現できるのかを再確認することもできました。

「Niantic リアルワールドプラットフォーム」は、デジタルの世界と現実の世界の間をつなぐオペレーティングシステムです。わたしたちは、これまで培ってきた技術開発の経験を活かし、地理空間技術の限界に挑戦して、実際の世界の上に、これまでなかったおもしろさを重ねようとしています。

現実世界のモデリング
「Niantic リアルワールドプラットフォーム」は、コンピューターが見る世界を、これまでの道路や車を中心に考えていたモデルから、人間を中心に考えた世界へと進化させます。公園や歩道、公共のスペースなど、人間中心の世界をモデル化するには、たいへん多くのことを計算しなければなりません。こうした場所の三次元の細かいモデルを作り、コンピューターがすばやく処理できるようにしておかなければならないからです。

また、Nianticは、このような高度な技術を、スマートフォンのような比較的非力なモバイル機器で使えるようにするという課題にも挑んでいます。質の高いおもしろさを提供するためには、利用者の方々を取り巻いている環境の正確なモデルが、どんどん動的に変わっていく、「ライブ」モデルが必要です。このためには、人物の周囲が変化したり、人やモバイル機器が移動したりするたびに、モデルを調整し直すという、たいへん難しい作業を行わなくてはなりません。

カメラや人が動くなかで、ずれないように合成して投影するのはかなり大変ですが、機械学習とコンピュータビジョンの組み合わせを、スケーラブルで信頼できるインフラの上で走らせることで、解決しようと取り組んでいます。

現実世界を理解する
最先端のARを可能にするためには、世界がどう見えるかだけではなく、そこにあるものが何であるのか、何をしているのか、それぞれはお互いにどう関係しているのかなど、「意味」を考えなくてはいけません。「Niantic リアルワールドプラットフォーム」は、ARのオブジェクトが現実のオブジェクトの前で止まったり、後ろを走り抜けたり、上に乗ったりといったことが可能になるよう、コンテクストを考慮したコンピュータビジョンをめざして開発しています。

Niantic

上のアニメーションは、Niantic のコンピュータビジョンのアルゴリズムがオブジェクトを認識し、信頼スコアつきでそれが何であるかを判断している様子を示しています。コンピュータビジョンにテーブルと椅子を理解させることにより、このスペースの中のどこに椅子があり、どこにテーブルがあるのかの判断ができるようになりました。このように学ばせていくことで、「テーブル」や「椅子」などを、AR の語彙に追加することができるようになります。語彙が増えるほど、その場所をより理解できるようになり、リアルワールドプラットフォームでのAR 表現が、より豊かなものになっていきます。

私たちを取り巻く世界の「意味」が理解できるようになれば、その上になんでも重ねられるようになります。現在はまだ、アイデアを探り、デモを作ってテストを行っている段階ですが、この技術が進化し、Nianticのプラットフォームが花の存在を特定して状況を把握できるようになれば、その上に蜂や蝶が集まってくるところを描けますし、湖が理解できれば、鳥たちが羽を休める姿を重ねたりすることができるようになるでしょう。

物を把握するということは、それが「何であるか」を理解することだけではありません。「どこにあるか」も大切な要素になります。現在、ARのもつ限界のひとつに、ARオブジェクトが実際の三次元空間にうまくはまらないという難しさがあります。理想的には、AR オブジェクトが、私たちのいる世界に自然に溶け込み、現実世界にある物の後ろに回り込んだり、周囲を動き回ったりすれば、もっとリアルにできるのです。

新しいロンドンのチームは、この分野の研究に注力しています。コンピュータビジョンとディープラーニングを用い、空間を三次元で認識することで、現在よりずっとリアルに感じられるAR 技術を開発しています。

上のビデオでは、ピカチュウが足を避けたり、植物の裏に隠れたりなど、現実世界に存在するさまざまな物とよりリアルに重ね合わされています。この映像は、AR のオブジェクトがこのレベルで周囲の環境と統合することが技術的に可能であることを示すもので、AR のエキサイティングな将来を確かに垣間見せてくれています。

現実世界を共有する
AR 技術といっても幅広いものですが、わたしたちは現在、Niantic のミッションと価値観に沿うような AR 技術の開発に、多くの力を注いでいます。こちらに、ハイパフォーマンスな AR 体験をもたらすことができる、新しいクロスプラットフォーム AR 技術をご紹介します。

複数のプレイヤーが同じゲームを楽しむためには、参加プレイヤー間で Niantic のリアルワールドプラットフォームが同時に協調して機能しなくてはいけません。人数が増えて、視点が増えても、同じ空間を見ている感覚を全員が持てるようにするためには、いくつかの要素技術がきちんと動かなければいけないということです。わたしたちが研究を通じて学んできたのは、実現にあたって、遅延が大きな問題になるということでした。表示のタイミングがきちんと合わなければ、同じ AR の空間を共有するのは、とても難しいのです。

この問題を解決するために、わたしたちは低遅延 AR ネットワーク技術を独自に開発しました。この結果、みんなが同じ体験ができ、クロスプラットフォームの AR 体験を提供することが、シングルコードベースで可能になりました。

こちらがその技術のデモの様子です。

ご紹介したものは、Niantic リアルワールドプラットフォームを部分的に少しだけお見せしたものです。Niantic はこの技術をまずはゲームに利用していますが、将来的にはより多くの種類のアプリケーションに使われるようになると考えています。

リアルワールドでのNianticのリアルワールドプラットフォーム
最新のAR技術は大きな可能性を持っています。今後、より多くの方々に Niantic リアルワールドプラットフォームを使っていただいて、私たちが想像もしていないような方法で、現実世界とデジタル世界をつなぎ、これまでにはなかった体験をもたらしてくださることを楽しみにしています。今年後半、何組かの開発者の方々を選ばせていただき、実際にご利用いただきたいと考えています。ご興味がありましたら、追ってより詳しい情報をお送りしますので、こちらからご応募ください。

Nianticと一緒にここまで来てくださった、また、私たちと一緒に将来を追いかけてNiantic リアルワールドプラットフォームをつくってきてくださった皆さんに感謝いたします。これからもたくさんのものが続くことをお約束します。


—jh